どうして分数の割り算って逆数をかけるの?

↑きっずのトップ


おじさんはうまく口で説明できないので、図で書いて説明するよ。

分数A分数Bを、÷の割算として考えると、話が早い。

 

 

 

すなわち、の分母を消す。すると必然的に、分数A×分数Bの逆数÷分数B×分数Bの逆数となるから、

 

 

 

分数B×分数Bの逆数が除されて、

結果的に「分数A×分数Bの逆数」を計算するということですな。

ほらね、見慣れた形になったでしょう。

 

いやあ・・・分かりやすいなぁ・・・


↑きっずのトップ