←戻る

略歴

※すべてノンフィクションです

履歴書

千葉の公立小→中→高と進み、
進学した早稲田大学では「都市計画」を専攻。

・・・「都市計画」を学んできたはずが、
卒論は「こち亀」
というファンキーっぷり。

・・現在はごく普通の会社員です。
もしかするとあなたのお傍に・・・

入社後は千葉勤務でしたが、
その後東京勤務になりました。

詳細プロフィール

幼児期。

知識欲が豊富なお子さん。本が大好き。いつも図鑑と、「教育テレビ」を見ていた。
幼稚園が終わると、親に録画してもらっていた「ワン・ツー・どん」や「さわやか3組」その他を見ていた。

幼児期によくありがちだが、「車博士」であった。
トミカ百台はあったかな。今はまったく駄目だが、当時はテールランプを見ただけで車種がいえたらしい。

基本的にチャレンジャー。BB弾を鼻の穴に入れて、抜けなくなる。耳鼻科へ。
ウサギの餌がおいしそうだったので、食べる。腹をこわす。砂場の砂や、道端の雑草の味を覚えたのもこの頃。・・・あれは不味い。

千葉そごう(旧館、当時)のレストランの前に敷いてあった白い砂を食べる。胸が焼けただれる。これは怒られると思い、親には黙っていた。

小学生。

最初は給食が全部食べられなかった。パンを残したら担任にいきなりひっぱたかれたのもいい思い出だ。

この頃からはっきり言って物事を斜に見ていたので、教師には嫌われていた。
担任が陰で「変な声」とか、「今日はコイツの班で給食を食べるのか、ゲッ」などといっているのを聞いた。

ぶっ飛ばそうかと思ったが、
基本的に「いい子」なのでグレることなく今日に至る。

学校に対して思っていたことはただ1つ。
「頼むからそっとしておいてくれ。俺に構うな。」、担任の机間巡視が何より邪魔だった。

中学生。

学校が荒れていた。警察が来て、新聞に載るほど。
私はいわゆる「安全グループ」にいられた(不良でもなく、いじめられるわけでもなく)。不良からはたまに挨拶で頭を叩かれる程度で済んだ。

授業中にCDラジカセ(当時)の音が鳴り響き、教師に向かってはさみが飛び、壁に穴があき、消火器は暴発し、タバコの煙が教室中に充満し・・・
という金八先生の世界がそのまま再現される。なかなかファンキーだった。

病んだ教師の入院とかもあったっけ・・・。

そんなに学校がいやなら、来なけりゃいいのにね。
でもまあ私としては、教師が不良に構っているものだから、理想の「頼むから俺に構うな」状態に置かれ続けた。助かった。

高校生。

構われないのがよかった。畢竟、変態が芽生える。

受験直前に、クラスに数人しか来ていない日があって、・・・ちゃんと学校に来ていた奴は、自分も含めて合格していた。まあ、世の中そういうもんだと悟った。

大学生。

構われないのがよかった。大学というのはまさに「人種のサラダボウル」。いい意味で周囲は「変人」ばっかりだった。大学の面白さを実感する。

・・・変態にドライブがかかる。

社会人。

ここでも構われないのがよかった。さらに変態に拍車がかかって今に至る。

仕事だからもちろん「やりがい」「楽しさ」もあるのだが、基本的に「つらい」「苦しい」からお金がもらえるのであって、やたら「楽しさ」を主張する手合いは権力の手先であるということを実感する。自分探しとか、やりたいこと探しの前に、「できること」探しをしろといいたい(誰に?)。

今から老後に備えて貯金をしていくのだ。


戻る