↑「鬱色時代」へ←メニューへ

■衝撃! 「小さな」大仏様の町へいってみた


千葉県鎌ヶ谷市をご存じですか?

ここには「鎌ケ谷大仏」という、地元に大変愛されている大仏様があります。
東京から1時間、「新京成電鉄」でトコトコと―

その名も、「鎌ケ谷大仏」駅で下車します。

 

意外と大きな駅にびっくり。期待に胸を弾ませます。
 

 

駅から歩くこと30秒。

!?

 

 

・・・予想以上に小さな大仏様のお姿が。

 

その全長は、なんと1.8メートル。

 

・・・

しかし、そのお顔は穏やかで、やはり、訪れる者に安寧をお与えくださいます。
さすが大仏様です。

地元民にも大変愛されていることがわかります。

 

そんな地元商店街の名前は・・・

 ←そのまま、「大仏商店会」です。まぁ 、これは分かりますよね。

 

大仏様の前の道路の名前は・・・

 ←「大仏チューリップロード」

・・・で、電球の形が・・・

 

大仏にあやかったお店もたくさんあります。

 ←「大仏整形外科」 ・・・すぐに治りそうですね。

 

ちなみにそのお隣は・・・

 ←「大仏接骨院」だったりします。 ・・ダブルで、ちょっと安心ですね。

 

また・・

 ←「大仏コンタクト」 ・・・果たして目に入るんでしょうか・・・

 

 ←「大仏不動産」 ・・・ここなら安心して購入できそうですね・・・

 

・・・とまぁ、これだけでもずいぶん衝撃的なのですが、
さらに衝撃を受けたのが・・・

 

 

「居酒屋 大仏」

・・・って、これ、大丈夫なんでしょうか?

 

こんな看板も見つけました。

 

「鎌ケ谷大仏ストラップ」

 

「鎌ケ谷大仏コロッケ」

 

・・・って、ここまでくると、
もうわけがわかりません。 なぜコロッケか。

 

頭痛がしてきたので、もう駅に戻りましょう。

とりあえずお手洗いに入ったら、またもや衝撃を受けました。

 

 ←なぜか「大仏」と書かれた石鹸がお出迎え。

 

そして・・・

 

 「花を持っていかないで! 大仏」

 

・・・って、
もうさっぱりわけがわかりません。誰のメッセージなんだこれは。

 

東京から1時間のショートトリップ。

皆さんもぜひ!

 

○アクセス方法
新京成線「鎌ケ谷大仏駅」下車徒歩30秒。
どうでもいい話なのですが、新京成電鉄というのは、「京成」を冠するのに東京も成田も結んでいません。実に不思議ですね。


↑「鬱色時代」へ←メニューへ