↑「鬱色時代」へ←メニューへ

■海にいちばん近い駅「海芝浦ぶらり旅」のススメ


ふと、日常の喧騒を離れて、海を眺めてみたくなることがあります。
そんなとき、お勧めなのが「海にいちばん近い駅」として有名なJR海芝浦駅の探訪です―。

 

  

電車を降りると、ホームの真横は海・・・

 

電車の中から船と橋と工場が眺められる・・というのも乙なものです。

 

 

海芝浦駅は、「芝浦」の名が示す通り、東芝(東京芝浦電気)京浜事業場の構内にあります。

そのため、駅の出入り口は守衛所になっており、関係者以外の一般人は、駅から出ることが許されません。

入場には東芝の従業員証・入場許可証が必要ですし、駅構内から東芝敷地内へ向けた撮影行為も禁止されています。
海芝浦は、「海に近い」だけでなく、「外へ出ることのできない駅(閉ざされた駅)」としても有名なのでした。

***

しかし、海芝浦は「関東の駅百選」にも選ばれたムード満点の駅。物好きな一般人(?)がここを訪れるケースも多いでしょう。
折角訪れたのに、ホームで、あるいは電車の中でただじっとしているだけというのも・・・

その事情を慮った「いなせ」な東芝の好意によって、ホームの先に「海芝公園」という小さな公園が作られています。

 

 

以下がくつろぎのスペース「海芝公園」。素晴らしい計らいだと思います。

 

▲「海芝公園」にはベンチが設けられており、一息つける。ここから眺めるコンビナートは絶品。 工場マニアも必見だ。

▲公園からホームを望む。片面ホームだが、風格を感じる美駅。いつまでも眺めていたい。


海芝公園の開門時間は9時から20時半までと意外に長いので、好きなだけ海景色を堪能しましょう。
構内には水洗トイレや自動販売機(2台)もあるので安心です。

 

○アクセス
JR鶴見駅から構内改札を通って「海芝浦行き」11分。日中は1時間に1本。折り返し時間は約25分。


↑「鬱色時代」へ←メニューへ