トップページ漫文2003

HTML日本語化


HTMLは、英語で記述されていて、我々日本人にはちょいと、分かりにくい。

 

そこで、HTMLの日本語化を実施した。

 

以下のHTMLを日本語化。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">

<head>
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<LINK rev=made href="mailto:uuseizin@yahoo.co.jp">
<LINK rel="INDEX" href="../index.html">

<title>安心のHTML文書を目指す</title>
</head>

<body>

<h1>安心のHTML文書を目指す</h1>


<p><strong>美しいHTMLを書いてみたいよ〜 ・・・無理?</strong></p>
<p><a href="../">トップページへ</a> <a href="100ten.htm">戻る</a></p>
<hr>
<p>こんにちは。元気ですか?私は元気・・・じゃありません。最近とても疲れています。</p>

<p>何かイマイチ元気が出ないというか、やる気が起こらないというか、まぁ、そんな感じです。</p>

<p>でも、誰でもそんなことってありますよね? ・・ね?</p>

<p>え? な、・・ないんですか?</p>

<p>そんなぁ。</p>

<hr>

<p>
<img src="../files/watch.jpg" width="216" height="183" alt="作者愛用の腕時計"></p>
<p>愛用の腕時計。</p>
<hr>

</body>

</html>

 

日本語訳。

<!文書型宣言 凄い文書記述言語 一般 "-//世界網連合//定義 凄い文書記述言語 4.01 解釈//英語">
<凄い文書記述言語 言語="日本語">

<頭>
<付加情報 美しい文書記述言語‐同義="情報の内容-言語" 情報の内容="日本語">
<付加情報 美しい文書記述言語‐同義="情報の内容-形式" 情報の内容="文書/凄い文書記述言語; 書式=推移_日本工業規格">
<繋がり 参照=繋げる 参照="メールを送る:ううせいじん@ヤフー.会社.日本">
<繋がり 参照="索引" 参照="../索引.凄い文書記述言語">

<題名>安心のHTML文書を目指す</題名>
</頭>

<体>

<見出し1>安心のHTML文書を目指す</見出し1>


<行><強調>美しいHTMLを書いてみたいよ〜 ・・・無理?</強調></行>
<行><栞参照="../">トップページへ</栞> <栞 参照="100ten.凄い文書記述言語拡張子">戻る</栞></行>
<水平線>
<行>こんにちは。元気ですか?私は元気・・・じゃありません。最近とても疲れています。</行>

<行>何かイマイチ元気が出ないというか、やる気が起こらないというか、まぁ、そんな感じです。</行>

<行>でも、誰でもそんなことってありますよね? ・・ね?</行>

<行>え? な、・・ないんですか?</行>

<行>そんなぁ。</行>

<水平線>

<行>
<画像 参照="../書類の集積/watch.画像結合熟練集合体の拡張子" 横幅="216" 高さ="183" 文字="作者愛用の腕時計"></行>
<行>愛用の腕時計。</行>
<水平線>

</体>

</凄い文書記述言語>

 


トップページ